花筏 はないかだ


3月ももう終わり、母と娘とお友達を連れて目黒川の桜を見に出掛けました。薄曇りの空は今にも雨が降り出しそうな気配。もし今降ればきっと今年の桜はこれまでだと思いながら、ゆっくりゆっくり杖をつく母に合わせ川沿いを歩きました。「花筏 (はないかだ) だね。」母が嬉しそうに言いました。きれいだね。

少し歩いた先に品川区のお花見観光船イベントを見つけ皆で乗船してきました。

花筏 (はないかだ)


花筏とは、 散った桜の花びらが水面に浮き、それらが連なって流れていく様子のこと。